ニュースリリース

長州産業株式会社 太陽光発電所(メガソーラー)を建設

 当社では、本社工場(山口県山陽小野田市)の隣接地にある4.5ヘクタールの自社の遊休地を活用して、自社製の太陽電池モジュールを採用した3MWの太陽光発電所を建設します。年間発電電力量は、一般家庭約2,300世帯が昼間に使用する年間電力量に相当する324万kWhで、2013年5月に着工し、2013年12月の運転開始を目指しています。

 太陽光発電によりもたらされた事業収益は、コスト低減の一端を担い、トータルコスト削減の切り札ともなり、競争力の強化に繋がります。本社工場隣接地には、他にも3.1ヘクタールの遊休地を有しており、将来的には太陽光発電所の増設も視野に入れています。

 太陽光発電所完成の暁には、太陽電池モジュールの一貫生産工場やメガソーラー(大規模太陽光発電所)の発電現場の見学を通じて、地球温暖化防止を啓蒙するエコタウンとして近隣地域に発信して参ります。

太陽光発電所の設置概要並びに完成予想図は、以下のとおりです。

■太陽光発電所の計画概要

発電設備名称 (仮称)長州産業 山陽小野田発電所
所在地 山口県山陽小野田市新山野井3811
計画地面積 45,330㎡
発電能力 3,014kW
年間発電量 324万kWh/年
二酸化炭素削減量 1,800トン/年
太陽電池モジュール型式 長州産業製単結晶シリコン CS-233B21
太陽電池モジュール枚数 12,936枚
スケジュール 2013年5月 着工予定
2013年12月 竣工・運転開始予定

■太陽光発電所完成予想図
img
写真上部の建物は長州産業本社工場

週刊朝日12月14日号に”ホットアングル2012”企画を掲載しました

週刊朝日12月14日号に”ホットアングル2012”企画を掲載いたしました。

アナウンサー渡辺真理さんによる弊社代表 岡本要のインタビューを掲載。

PVJapan 2012 ご来場のお礼

長州産業のブースに多数のご来場をいただき、誠にありがとうございました。

12月5日~7日に幕張メッセにて開催されましたPVJapan 2012におきましては、ご多忙中にもかかわらず私どものブースにご来場頂き、誠にありがとうございました。
お蔭様をもちまして盛況のうちに展示会を終了することが出来ました。重ねてお礼申し上げます。

皆様から賜りました貴重なご意見をもとに、より一層、製品及びサービスの向上に励む所存でございます。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

img01 img02
img03 img04

▲ このページの先頭へ