環境マネジメントシステム

環 境 方 針

長州産業(株)本社工場は環境保護の重要性を認識し、地域環境のみならず地球環境保護のため環境負荷の軽減に努める。当工場は住宅機器の製造販売、地球環境保全のエコ給湯、太陽光発電システムの製造、販売をメインの事業として又半導体、液晶製造装置、有機EL製造装置、メカトロ機器装置の設計から完成品の出荷までを主業務としている。その生産活動の全般において環境負荷の少ない事業活動を推進する為のシステムを確立する。
環境マネジメントシステムの継続的改善、維持管理及び汚染の予防に努める。特に以下の項目について全従業員が一丸となって行動する。

1)CO2削減に努めよう。
政府の方針に従い、我々に出来る最大限の活動を進めよう。

2)グリーン調達を進めよう。
再生の理念のもと地球環境保全活動の一環として設計から検討を行い、お取引先と共同して地球環境保全を進めグリーン調達の活動を進めよう。

3)各種資源の有効利用
電力を始めとして各用力等の資源の省力化、太陽光発電システムの製造販売、及び工場設置を進めて資源の有効利用を進めよう。

4)産業廃棄物及び一般廃棄物の削減
廃プラスチック、廃木材、廃油等の産業廃棄物、一般廃棄物の削減及び適正な処理を進めよう。

5)その他
地球環境の保護の為の活動を進めよう。

上記項目を改善するために目的、目標を定め環境対策活動を推進すると共に環境マネジメントシステムの見直しにより一層の充実を図る。
当工場は環境関連法規、約束を遵守すると共に規制基準内の管理のみならず、自主的に環境影響の低減に努める。この環境方針を文書化し全従業員及び当工場で働く全ての要員に周知徹底する。又教育、訓練、及び日常の管理活動を通じて推進と維持に努める。
この環境方針は全従業員、県及び市の担当部署、周辺住民、取引関連会社に公表し、又要求があった場合は何人に対しても開示するものである。

2011年4月1日

環境マネジメントシステムISO14001の自己適合宣言について

当社は、2001年にISO14001の外部認証を取得して以来、15年が経過し、当初のISOの導入目的が社内に浸透し自主的に運用できるレベルに達していると判断したこと等から、この度、自己適合宣言に切り替えることといたしました。今後も更なる環境問題に対する活動に努めてまいります。

2016年11月22日

▲ このページの先頭へ