消費者庁発表の報告書「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」について

消費者庁発表の報告書「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」について

長州産業株式会社
エネルギー機器本部

2019年1月28日に消費者庁から公表されました調査報告書「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」の内容につきまして、ご説明いたします。

①モジュール又はケーブルについて

モジュールについて

弊社太陽光パネルは社内基準および第三者認証機関の規格を満たし、安全性を確保された製品となっております。過去に設置した弊社の太陽光発電システムにおいて、太陽光パネルに起因する火災の発生事例はございません。

ケーブルについて

弊社が現在使用しておりますケーブルの接続はロック式となっており、設置後に緩みの発生しない構造となっております。また、小動物の噛害の事例はございますが、延焼した事例はございません。

モジュールの設置形態について

弊社の太陽光発電システムの設置形態は、今回対象となっている「鋼板等なし型」ではございません。調査報告書内に記載される「屋根置き型」に分類されます。よって、調査報告書に記載されている様な、野地板への延焼、火災が発生することはございません。

②パワーコンディショナ・接続箱について

弊社のパワーコンディショナ・接続箱は、表面が金属筐体または難燃材で覆われた構造になっております。これまで家屋への延焼事例はございません。また、当社製パワーコンディショナはすべて地絡(※)検出機能を有しております。
※電気回路と大地が電気的につながり、大地へ電流が流れる事象のこと。地絡が起きると、過大な電流により発火の原因となることがある。

③施工不良について

弊社太陽光発電システムは、弊社施工講習会を受講し、施工IDを取得していただいた施工店様に設置をお願いしております。また施工講習会に於いては、実際に起こった施工不良の実例を説明に取り入れ、再発防止に努めております。

④日常点検について

安心してお使いいただくために、月に1度は発電状況やエラーの確認をしてください。また、少しでもお気付きの点がございましたら、販売店様または弊社までご連絡ください。

⑤その他

弊社太陽光発電システムを安心して長く使用していただくために、ご購入者様へは当社保証制度に加入していただいております。お手元の保証書にて保証制度への加入をご確認いただき、保証書は大切に保管していただきますよう、お願い申し上げます。

弊社は引き続き製品・サービスの品質向上に努めてまいります。今後ともお引き立てを賜りますようお願い申しあげます。

その他ご不明な点がございましたら、弊社お客さま相談窓口までお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

長州産業株式会社 お客さま相談窓口
0120-652-338
受付時間:平日9:00~17:00
※土曜・日曜・祝祭日・社内休日・年末年始(12月30日~1月4日)を除く

▲ このページの先頭へ