ニュースリリース

LUNA SEA X’MASライヴ SHiPSの100%再エネ由来水素を活用

12月21日(土)・22日(日) さいたまスーパーアリーナで行われたLUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019において、弊社が開発した再生可能エネルギー由来水素ステーション『SHiPS(シップス)』で生成した水素が活用されました。

水素の供給元は、先日行われたU2の13年ぶりの来日公演『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』(2019年12月6日リリース「世界的ロックバンドU2の来日公演でSHiPSが生成した水素を活用」を参照)で使用したものと同じ長野県にあるSHiPSで、今年2月に弊社が長野県に納めたものです。長野県企業局が運営するSHiPSは水力発電の電気を利用した、世界で唯一100%再生可能エネルギーによって稼働し高純度な水素を生成する設備です。※1

LUNA SEAはかねてより水素というクリーンエネルギーを利用した先進的なライヴに取り組んでおり、今回のライヴでは初となる点がふたつ、ひとつはギタリスト&ヴァイオリニストのSUGIZO氏が自身で所有する燃料電池自動車に加え新たに購入した可搬型外部給電器を使用、そしてもうひとつは発電電力をメンバーの楽器すべてに供給、これにより一体感のあるクリアなサウンドを実現しました。

このように長州産業はこれからも水素の普及促進に様々な形で取り組んで参ります。

※1 2019年12月当社調べ。

水素コンサート協賛〈第2弾〉
LUNA SEAのライブでSHiPSが生成した再エネ由来水素を活用

LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019(12月21日(土)・22日(日) さいたまスーパーアリーナで開催)において、弊社が開発した再生可能エネルギー由来水素ステーション『SHiPS(シップス)』で生成した水素を活用していただきます。
これは先日行われたU2の13年ぶりの来日公演『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』で実施した取り組み(弊社協賛)で、元々は2017年にLUNA SEAが世界に先駆けて行ったものです。

長野県が運営するSHiPSにて、水力発電の電気を使って水を電気分解し生成した水素を燃料電池自動車へ充填。コンサート会場では燃料電池自動車から出力されるCO2フリーの電気が外部給電器を通して、LUNA SEAメンバーの楽器、アンプなどの機材へ供給されます。

皆様には是非とも水素を身近なものとして実感していただきたいと思います。

世界的ロックバンドU2の来日公演でSHiPSが生成した水素を活用

 U2の13年ぶりとなる奇跡の来日公演『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』(12月4日(水)・5日(木) さいたまスーパーアリーナで開催)2日目にて、弊社が開発した再生可能エネルギー由来水素ステーション『SHiPS(シップス)』で生成した水素を活用していただきました。

 長野県が運営するSHiPSにて、再生可能エネルギー(水力発電)と水から生成した水素を燃料電池自動車へ充填。コンサート会場では、燃料電池自動車トヨタMiraiから可搬型外部給電器Honda Power Exporter 9000を介して取り出したCO2フリーの高品質な電気をU2のギターであるジ・エッジ、ベースであるアダム・クレイトンの楽器電源に供給し、より良い音づくりに貢献しました。

 この度のプロジェクトは多摩大学ルール形成戦略研究所を中心とし、長州産業のほか、トヨタ自動車株式会社、本田技研工業株式会社、アーンスト&ヤング、ユニファイドサービス株式会社などが協賛しています。

 ルール形成戦略研究所客員研究員のSUGIZO(日本のロックバンドLUNA SEA及びX-JAPANのギタリスト)は「世界的な影響力を持つU2が水素コンサートを実行し、世界に情報発信することで、水素技術を活用したコンサートが世界に拡がることを期待します。また、この注目すべきプロジェクトが水素利活用に多様性をもたらすきっかけを世界に与え、世界規模で低炭素社会の実現が前倒しされていくことを期待します。」と語っています。SUGIZOは自身が所有する燃料電池車トヨタMiraiと可搬型外部給電器Honda Power Exporter 9000を提供しました。

▲ このページの先頭へ