トヨタ自動車(株)燃料電池(FC)システムを使用したFC発電機の開発を開始

トヨタ自動車(株)燃料電池(FC)システムを使用したFC発電機の開発を開始

長州産業(株)はトヨタ自動車(株)の協力により提供されるFCシステムを使用した定置式FC発電機の開発を開始しました。このFCシステムはトヨタ自動車(株)の燃料電池自動車(FCV)新型MIRAIに搭載されている最新モデルです。2021年度から実証・販売を行います。

燃料電池は水素と空気中の酸素を化学反応させて電気を発生させる装置です。発電により排出されるのは水だけで、振動や騒音もほとんどありません。

本システムは純水素を用いるため効率が高く、定格出力は三相交流200kWで、自立運転および系統連系運転に対応します。複数台の並列運転により大出力にも対応が可能です。自立起動および負荷変動に対応するため蓄電池を内蔵しています。

用途として、まずは工場等の非常用電源(ディーゼルの置き換え)や、港湾での荷役機械、停泊船舶への電力供給などを想定していますが、これらに限定されるものではありません。多用途へ適用することにより、カーボンニュートラル社会の実現に向け貢献します。

更に当社製品のソーラー水素i(アイ)パワーステーション(略称:SHiPS(シップス))と組み合わせることで、再生可能エネルギー由来のグリーン水素を使ったシステム構築も容易となります。

※開発中につき、仕様など変更になる場合があります。

担当:新エネルギー事業部 新エネルギー推進課 佐藤
TEL:0836-71-1055 E-mail:sato.seiji@choshu.co.jp

▲ このページの先頭へ